下関市倫理法人会のモーニングセミナー


      下関市倫理法人会

次回モーニングセミナーのお知らせ

2016年3月30日(水) 【第631回 MS】地域奉仕活動 竹崎町 竹崎公園(三角公園)・海峡メッセ下関付近 清掃活動

テーマ竹崎町 竹崎公園(三角公園)・海峡メッセ下関付近 清掃活動
講師地域奉仕活動
会場 海峡メッセ下関 集合(近隣の駐車場をご利用ください)
時間2016年 3月30日(水) 6時00分〜7時00分 (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
お問合せ下関市倫理法人会事務局(下関唐戸魚市場 株式会社内)
TEL:083-261-5477  FAX:083-267-8855

海峡メッセ下関前に集合し、ゴミ拾いをしながら海峡ゆめ広場・竹崎公園を経由して、大歳神社さんを訪問・参拝いたしました。

s-rinri160330_3

 

s-rinri160330_1


s-rinri160330_4

【大歳神社】
寿永四年(1185年)、平家追討の任務を負うた源義経は、武運の守護神と仰ぐ富士浅間神社(源氏の御祖と仰ぐ清和天皇を合祀)の御氏神、大歳御祖大神の神助を請い、平家が布陣を整える彦島を望む有明山(大歳山・円山)に小松(富士の小松)を植え、篝火を焚き、二日二夜の斎戒沐浴をして戦捷祈願をこめた。
その後、祈念を注いだ桑の弓矢をもって平知盛率いる平家軍に開戦の矢文を射込んだ。驚いた平家軍は急遽、壇ノ浦に軍船を進め一戦を挑んだが、待機していた源範頼の軍勢と義経軍との挟み撃ちに合い、敢え無く滅亡したと云う。
翌年の文治二年(1186年)、四軒の漁民が義経の祈願の有様を畏敬して、神祠を祀ったことから大歳神社の由緒とされる。
爾来、武運長久の神としての神威は光輝を益し、文久三年(1863年)、維新回天の大業に蜂起した奇兵隊は氏子・白石正一郎宅にて、高杉晋作の唱導により結成され、奇兵隊旗揚げの軍旗は大歳神社に奉納された。折しも四国連合艦隊との交戦のさ中、正一郎は攘夷成就を祈請して大鳥居を奉納した。(現鳥居)
古代社会から貴族社会、そして武家社会から近代への変遷を通じ、大歳神社の御神徳がその時々に顕現されてきたことは、広く市民の周知するところである。
殊に正月は、『お年玉』の由縁にちなむ大歳神社のご加護をもとめる人達の祈願で賑わう。

<大歳神社websiteより/http://ootoshinomori.sakura.ne.jp

モーニングセミナーに参加する・資料請求

※モーニングセミナーは、初回体験参加は無料です。