山口県倫理法人会 会報

山口県倫理法人会 会報「生き流」第5号発刊!

モーニングセミナー特集

  • モーニングセミナーの魅力!?

  • モーニングセミナーの流れ

  • モーニングセミナーに思うこと

  • 山口県内のセミナー開催会場

フレッシュマンセミナーが終了

山口市(5月11日)、柳井市(5月12日)の2箇所で開催。

平成29年度倫理経営講演会が終了

山口県倫理法人会主催、平成29年度倫理経営講演会『大転換の時代〜“新”に挑む〜』が無事に終了しました。

山陽小野田倫理法人会開設予定!

県内11単会目となる、山陽小野田倫理法人会が10月に開設予定です。

第8回朝礼コンテストのお知らせ

8月26日(土)防府市地域交流センター[アスピラート]にて第8回朝礼コンテストを開催します。

山口県倫理法人会 法人スーパーバイザー宮本 治郎氏、徳山商工会議所会頭就任記念コラム!

『一日5分の活力朝礼が社風を変える!』

今、注目!旬な人

山口市倫理法人会 会長
永田 博さんと奥様

温故知新5 〜未来志向で活性化を〜

img_hatanaka
琴崎八幡宮
畑中 憲一 権禰宜

神社には車をお祓いする方が沢山いらっしゃいます。なぜ車をお祓いするのか。それは「物は生きている」と無意識に考えている証拠です。外国人はこの光景を不思議に感じるようです。なぜならこの感性は日本人独特のもので、長い歴史の中で育んできた“日本人の信仰心”の表れなのです。これが、世界が称賛する日本人の清潔感、物づくりの精神を支えているのではないでしょうか。また、「いただきます」という表現は英語には見当たらないの本独特の文化で、これも日本人の感性、生き方に良い影響を与えていると思います。

物にあふれ、使い捨てが多い現代では、なかなか物への感謝を忘れがちな世相です。私も、物には魂が宿り、間違いなく生(活)きていると感じています。

倫理を学ぶ皆さまは物を大切に扱われます(物はこれを生かす人に集まる)ので、人生をより豊かにされることと私は信じています。