下関市中央倫理法人会のモーニングセミナー


      下関市中央倫理法人会

次回モーニングセミナーのお知らせ

2016年12月8日(木) 第213回 MS:講師 下関市倫理法人会 梶山 由紀江 氏

テーマ「 職場の喜び 」 
講師下関市倫理法人会 梶山 由紀江 氏
会場 東京第一ホテル
時間 (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
お問合せ下関市中央倫理法人会事務局( (有)エヌ・アルファ内 )
TEL:083-253-8221  FAX:083-253-8201

冒頭、フラワースタジオ・ケイコ社 磯部さんへ新入会員のご紹介とバッヂ&栞の贈呈を行いました。

そして今日の講話に移りました。

下関出身、バスガイドを経て、地元不動産会社に26年間在勤してます。

H25年には、AI人工知能を用いた企業が進出するなど、IT事業の発達が目覚ましい昨今です。

そんな中で、人と人とのコミュニケーションがいよいよ大切な時代となって来ました。

社員と接する時、決まり切ったことでは伝わらない っ、『 人を見て法を説け ! 』とカウンセラーに教わりました。

目配り、気配り、心配り ・・ が大切で、《 下意上達 》の精神、社員からの情報吸い上げが必要となります。

その人が理解出来るように説明し話す言葉を選ぶこと、「 なるほどー 」は上から目線、「 そうなんですかぁ 」

で、やっと同じ目線、“ 腕組みしながら聞く ” のは、貴方の話は聞かない、と云うメッセージになります。

やはり大切なのは、同じ目線で、相手の話を聴くことに専念すること、と感じてます。

そんな今でも、仕事はとても楽しく、時々ガイド時代を想いだします。

√ ・・ 春は桜の日和山、秋は紅葉(もみじ)の功山寺 ・・ の一句を披露

参加者コメント・・ 「 目配り、氣配り、心配り・・ は年頭の私の目標でもあります。目→氣→心と順序のあることも知りました。 」

「 今日の栞輪読、10条 勤労歓喜に、まさに沿った講話でした、これからもご縁を大切して行きます。」

モーニングセミナーに参加する・資料請求

※モーニングセミナーは、初回体験参加は無料です。