下関市中央倫理法人会のモーニングセミナー


      下関市中央倫理法人会

次回モーニングセミナーのお知らせ

2017年9月21日(木) MS: 地域清掃活動 6時から 彦島八幡宮 境内 6時30分から 参拝 朝粥会

テーマ
講師地域清掃活動 6時から 彦島八幡宮 境内 6時30分から 参拝 朝粥会
会場 彦島八幡宮
時間 (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
お問合せ下関市中央倫理法人会事務局( (有)エヌ・アルファ内 )
TEL:083-253-8221  FAX:083-253-8201

清掃風景3清掃風景4清掃風景5集合写真②

【内容】

5時50分に集合、藤井会長の指揮のもと30分間の清掃開始。各自、ビニール袋と火バサミを持って、

境内と周辺のゴミ拾いをしました。   6時30分より、本殿でのご参拝。宮司さんより下関市中央倫理法人会の息災もお祈りしていただき、

その後、下関市中央倫理法人会の顧問でもある柴田宜夫宮司より、卓話をいただきました。

日本で季節を分ける春分と秋分は、昔からとても大切にされていた日とのこと。

また、天変地異に対して私たちができることは、「物の備え」「行動の備え」「心の備え」であり、

その中で「心の備え」について、柴田宮司も敬神の心を大切にし、日々、月毎、季節毎のお祭りに、

襟を正して「大難は小難、小難は無難に」と祈る心構えを大切にせねばと、思いを新たにされているとのことです。

さらに、中国の古い書物「論衡」にある「五日一風、十日一雨」をご紹介いただきました。これは、

「五日に一度、穏やかな風が吹き、十日に一度、静かな雨が降る、それが天下泰平の世の中だ」という意味のことです。

そして最後に、柴田宮司は「心の備え」である敬神生活を心がけられて、「五日一風、十日一雨」の天下泰平でありますように、

とのお言葉で締められました。

その後、皆さんでお粥を美味しくいただきました。

 

【感想】

卓話の中であった「大難は小難、小難は無難に」の心の備えを、私も日々取り入れていきたいと思いました。

彦島八幡宮の朝の空気をたくさん吸い込んで、清々しい気持ちで一日をスタートすることができました。

 

(レポート担当:藤本ひろみ)

モーニングセミナーに参加する・資料請求

※モーニングセミナーは、初回体験参加は無料です。