下関市中央倫理法人会のモーニングセミナー


      下関市中央倫理法人会

次回モーニングセミナーのお知らせ

2019年2月14日(木)第321回MS 講師:(一社)倫理研究所法人レクチャラー 山本 健三 氏 テーマ:常に本心に従って倫理経営を行う

テーマ常に本心に従って倫理経営を行う
講師(一社)倫理研究所法人レクチャラー 山本 健三 氏
会場 東京第一ホテル
時間 (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
お問合せ下関市中央倫理法人会事務局( (有)エヌ・アルファ内 )
TEL:083-253-8221  FAX:083-253-8201

31.2.14 会長挨拶31.2.14 万人幸福の栞31.2.14 5分間スピーチ集合写真②集合写真①

5分間スピーチ】

柄崎明生 会員 

祖先に関するスピーチをされました。

数年ぶりに母と墓参りに行き、墓前で手を合わせ泣いている姿を見て、母の若い頃に経験した辛い過去に思いを馳せ、感じるところがありました。

 

【講話】

講話者:山本健三 大分県倫理法人会相談役・法人レクチャラー

(有限会社ケインズ 代表取締役)

組織を変えるには、先ずトップ自らが変わらなければいけない。

子供の頃、転校をする度にコミュニケーション力を学び、人を喜ばすことが、他人にも好かれ自分の能力を高めていけると気が付き実践してきました。

会社の経営者となり、幾多の困難に直面する度に、超えられる困難の壁が徐々に高くなり、自分の突破力を高めてくれた過去の困難に感謝の気持すら有ります。

 

                                               金田 博美 モーニングセミナー委員長

 

2019年2月7日(木)第320回MS 講師:下関市中央倫理法人会 会員 福本 功巳 氏 テーマ:この指とまれはリーダーの証

テーマこの指とまれはリーダーの証
講師下関市中央倫理法人会 会員 福本 功巳 氏
会場 東京第一ホテル
時間 (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
お問合せ下関市中央倫理法人会事務局( (有)エヌ・アルファ内 )
TEL:083-253-8221  FAX:083-253-8201

会員スピーチ①会長挨拶①誓いの言葉①集合写真①

【5分間スピーチ】    小嶺弘晃事務長

2月2日に行われた、普及拡大勉強会の報告をしていただきました。 普及で大切なことは、モーニングセミナーを魅力的なものにすること。まずは、お出迎えやお見送りの充実、笑顔で元気な挨拶など、下関市中央でできることから始めましょう。

 

 

【講話】   講話者:福本功巳 会員 (株式会社功栄サービス 代表取締役)

テーマ:『この指とまれはリーダーの証』

 

リーダーとは何か、についてのお話でした。

社長(リーダー)が好きな会社を、社員も好きと思わなければ、その社員は離れていきます。そのためには、リーダーシップを取り社員に認められるような行いをしなければなりません。

リーダーが出した指に、社員がとまり同じ方向を向いて進んでいくため、これからも「リーダーとは何か」を追求していきます。

2019年1月31日(木)第319回MS 講師:山口市倫理法人会 普及拡大委員長 神代 浩男 氏 テーマ:下関市条約締結の地で台湾の親日に学ぶ

テーマ下関市条約締結の地で台湾の親日に学ぶ
講師山口市倫理法人会 普及拡大委員長 神代 浩男 氏
会場 東京第一ホテル
時間 (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
お問合せ下関市中央倫理法人会事務局( (有)エヌ・アルファ内 )
TEL:083-253-8221  FAX:083-253-8201

31.1.31 会長挨拶31.1.31 職場の教養輪読31.1.31 全体風景31.1.31 集合写真

・5分間スピーチ / 金田 博美 MS委員長

 

本日の職場の教養は、名刺交換の話題でした。以前勤めていた職場では、多くの名刺を取り交わしてきました。

かつての実社会は、その人の所属組織や肩書に対して挨拶を交わしている意味合いが濃かったことも経験してきました。今はもう会社名や肩書もありません。少し淋しい感じもしますが、これからは自分の感性で活きる「定年2年生」としての覚悟表明であります。

・講 師 / アールイー:コーディネーション

代 表(山口市倫理法人会 普及拡大委員長) 神代 浩男 氏

テーマ / 下関条約締結の地で台湾の日本精神を学ぶ

 

前日の下関倫法に続く2日間のリレー講話で、台湾と日本との近代歴史の関わりをご講話戴きました。

日清戦争の講和(下関条約)以降、大東亜戦争終結までの日本統治時代における台湾総督の実態について語られました。

むろん、出兵統治と云う陰の部分が有ることは云うまでもない事実として、捉えなければなりませんが、それまでの列強諸国の「支配と搾取による植民地政策」とは異なり、日本は「日本流の教育とインフラ整備」に力を入れ、それまでの台湾少数民族による争いを無くし、今でも日本を慕う親日の関係を先人たちは築いてこられました。

そして今回の講話が、「 日本創成 」の一助となり、皆さまと一緒になって考えていく契機となれば、幸いであります。

 

相談役 今井 泉男

2019年1月24日(木)第318回MS 講師:(一社)倫理研究所法人アドバイザー 岩永 研一 氏 テーマ:折節の記

テーマ折節の記
講師(一社)倫理研究所法人アドバイザー 岩永 研一 氏
会場 東京第一ホテル
時間 (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
お問合せ下関市中央倫理法人会事務局( (有)エヌ・アルファ内 )
TEL:083-253-8221  FAX:083-253-8201

31.1.24 会長挨拶31.1.24 誓いの言葉31.1.24 万人幸福の栞輪読31.1.24 集合写真

☆ 会員スピーチ 香川 昌則 顧問

思い悩み、倫理指導を受けた事があります。日々の生活の中で、ついつい甘えから「約束の時間を守れていない」

「相手の良い所を褒めることが出来てない」とご指摘頂きました。自分中心の考えではなく、相手を思いやり認めてあげる事の大事さを改めて気づく事が出来ました。

 

☆ 講話 岩永 研一 法人アドバイザー

モーニングセミナーは、「学ぶ姿勢=前から詰めて座る」という基本的な事から気付ける場です。

色々な方の講話を聞く事は、家族先祖身近な方の想い、会社であれば創業者の想いなど、自分の成長の為に気付いておかなければいけないことを知るキッカケとなります。何事も「やってみてよかった」と思えるように夢をもって実践しましょう。

 

事務長 小嶺 弘晃

2019年1月17日(木)第317回MS 講師:山口県倫理法人会相談役 九内 庸志 氏 テーマ:20周年記念事業ー池間哲郎氏講演&ちひろさんコンサートについて

テーマ20周年記念事業ー池間哲郎氏講演&ちひろさんコンサートについて
講師山口県倫理法人会相談役 九内 庸志 氏
会場 東京第一ホテル
時間 (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
お問合せ下関市中央倫理法人会事務局( (有)エヌ・アルファ内 )
TEL:083-253-8221  FAX:083-253-8201

31.1.17 会長挨拶31.1.17 万人幸福の栞輪読31.1.17 誓いの言葉31.1.17 未会員挨拶31.1.17 集合写真

5分間スピーチ 金子博行 会員

いま深刻に憂いているのは、NGT48が解散に追い込まれそうなことです。きっかけは、弱い立場にある一人の女性が勇気をもって組織に立ち向かったからなのですが、まさに女性が力を発揮する機会が増えてきて、男性が弱くなっている気がします。

最近IKKOさんの生き様に感銘を受け著書を読み漁っています。ある書籍の中に「ピンチはチャンス。嫌なこと面倒なことは自分を磨く良い研磨剤。ただ磨かれ得る時は痛みを伴う。」これはまさに『苦難は幸福の門』。負けないように今年も頑張ります。

 

講話 九内庸志20周年実行委員会副委員長(山口県倫理法人会相談役)

誘いを受けて入会したのは山口市倫理法人会でしたが、地元に周南倫理法人会が発足しましたので移籍しました。そのころは立派な『幽霊会員』で、理由は「そんなに朝早くからいけるものか!」と思っていたからです。

当時の会長、宮本相談役から熱心なお誘いを受けつづけ、初めてモーニングセミナーに参加しましたが、その素晴らしさに感銘を受け参加し続けることになり、そして県会長を拝命するまでになりました。活力朝礼も自社に取り入れました。反発もありましたが『継続は力なり』今ではすっかり定着しました。

社長も県会長も同じで、一人ではない周りに支えられてきたことに感謝するとともに恩返しを決意しました。この度の20周年記念事業では1000人の会場を満席に、エンディングは満場の拍手喝采イメージしながら邁進します。

 

上野浩二 広報委員長

2019年1月10日(木)第316回MS 新年参拝 彦島八幡宮 年頭の挨拶書き初め

テーマ新年参拝 彦島八幡宮 年頭の挨拶書き初め
講師新年参拝 彦島八幡宮 年頭の挨拶書き初め
会場 新年参拝 彦島八幡宮 年頭の挨拶書き初め
時間 (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
お問合せ下関市中央倫理法人会事務局( (有)エヌ・アルファ内 )
TEL:083-253-8221  FAX:083-253-8201

・新年参拝…彦島八幡宮

当会会員の柴田宮司に新年祈願と、1月誕生日(藤本さん、川村さん)の祈祷を執り行って頂き、その後「干支」「亥」の文字の意味や纏わる事についての御話をして下さいました。

 

・書き初め…今年の目標を漢字一文字で色紙に書きました。文字へ込めた想いを発表して頂きましたが、年明けに相応しく皆さんキラキラ輝いておりました(人´∀`).☆.。.:*・゜

 

小嶺弘晃

2018年12月27日(木)第315回MS 講師:(株)笑ミールオフィス 春本 紀恵 氏 テーマ:今日と言う日は誰かが願った明日

テーマ今日と言う日は誰かが願った明日
講師(株)笑ミールオフィス 春本 紀恵 氏
会場 東京第一ホテル
時間 (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
お問合せ下関市中央倫理法人会事務局( (有)エヌ・アルファ内 )
TEL:083-253-8221  FAX:083-253-8201

30.12.27 集合写真1

・5分間スピーチ / 岡村達哉 会員

 

ご縁があって幾つかの経営者団体に所属しており、それぞれに良い特徴があることを最近実感してきております。

倫理の学びも、大変良い点があることを知りました。

「知行合一」知っているだけでなく、行動を起すことが大切の意に沿って、少しずつ実践して行こうと想います。

 

 

・講師  行橋倫理法人会 春本 紀恵  副専任幹事  (株)笑ミールオフィス / (株)ドリーム 代表取締役

テーマ 「今日と云う日は、誰かが願った明日」

 

ご自身の2度に亘るガンとの闘いの経験を通して、明日を迎えられなかった人のことを想い、実体験を語り、人の話に耳を傾けることを自分のライフワークとして捉えて続けておられるとのことです。まさに「万人幸福の栞16条 尊己及人」 の実践でもありました。

最後に、富士山(5合目)行きを飛行機往復日帰りで2回も経験されたとのこと

これにも、一同ビックリの実践話でした、ヽ(^。^)ノ。

2018年12月20日(木)第314回MS 講師:(一社)倫理研究所法人スーパーバイザー 神谷 善高 氏 テーマ:純情(すなお)な倫理経営の実践

テーマ純情(すなお)な倫理経営の実践
講師(一社)倫理研究所法人スーパーバイザー 神谷 善高 氏
会場 東京第一ホテル
時間 (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
お問合せ下関市中央倫理法人会事務局( (有)エヌ・アルファ内 )
TEL:083-253-8221  FAX:083-253-8201

30.12.20 全体風景30.12.20 集合写真1

・5分間スピーチ  石田秀樹 会員

 

9月に入会し3ヶ月しか経っておりませんが、一つだけ変わった事があります。 8年前から仲違いしている母親との関係が、万人幸福の栞で学ぶにつれ自分自身の心に変化が現れ、10/10母親の誕生日には「手作り餃子」をプレゼントしようと考えるまでになりました。嬉しそうな母親を目の当たりにして改めて倫理の大切さを感じました。これからも学び実践して行きたいと思います。

 

・講話 - 純情(すなお)な倫理経営の実践 -   神谷善高 法人スーパーバイザー

企業繁栄の元は純粋倫理の法則(すじみち)を知り、純粋(すなお)に実践することです。倫理経営による自身の事業体験(大苦難の時に倫理指導を受け、すなおに純情直行に実践することで乗り越えることができた)を通して倫理経営の素晴らしさ、苦難が来たとしても必ず解決出来ると信じる事の大切さをお話し頂きました。

2018年12月13日(木)第313回MS 講師:東京都中野区倫理法人会相談役 渡邊 あかね 氏 テーマ:倫理の実践と企業研修

テーマ倫理の実践と企業研修
講師東京都中野区倫理法人会相談役 渡邊 あかね 氏
会場 東京第一ホテル
時間 (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
お問合せ下関市中央倫理法人会事務局( (有)エヌ・アルファ内 )
TEL:083-253-8221  FAX:083-253-8201

30.12.13 誓いの言葉30.12.13 万人幸福の栞輪読30.12.13 全体風景30.12.13 集合写真

・講話 「倫理の実践と企業研修」

東京都中野区倫理法人会相談役 渡邊あかね 氏

倫理を知り、実践を通して少しずつですが、抱えていた悩みが解決に向け進みました。

中野区倫理法人会会長時代の葛藤、その経験が実を結び生まれ変わった単会の事など

ご報告頂きました。

2018年12月6日(木)第312回MS 講師:(株)Cinepos 鴻池 和彦 氏 テーマ:地方で考える”生活の中に映画を”

テーマ地方で考える”生活の中に映画を”
講師(株)Cinepos 鴻池 和彦 氏
会場 東京第一ホテル
時間 (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
お問合せ下関市中央倫理法人会事務局( (有)エヌ・アルファ内 )
TEL:083-253-8221  FAX:083-253-8201

30.12.6 会長挨拶30.12.6 誓いの言葉30.12.6 集合写真

・5分間スピーチ モーニングセミナー委員長 金田博美

この一年を振り返る12月、そして目標達成へ向けて追い込みをかける12月。私にとっては、今夏父が他界したことで『最も大切な、わが命の根本』である両親、自分自身がこの世に生を受けた瞬間を知る者がいない寂しさを感じる12月となる。

 

・講話 「地方で考える‘生活の中に映画を’」

株式会社cinepos 代表取締役 鴻池 和彦

特定郵便局の家庭に生まれ、何れは承継することを片隅に置きながら東京で映像制作会社への道を進む。順風満帆の中、父からの電話に「帰るならいま」と決断。事業承継後、下関郵便局を中心とした稠密地域が見直しの対象となり「これを機に」と5年の猶予を待たずに局を閉鎖。独立をも夢見ていた映像関係の仕事を再開。今の社名は当時の仕事仲間が「もし独立することになったら」とつけてくれたもの。

是正に「日々好日」なり。

上野浩二 広報委員長

2018年11月29日(木)第311回MS 講師:(株)加來総合保険事務所 加來 正弘 氏 テーマ:日々足下の実践

テーマ日々足下の実践
講師(株)加來総合保険事務所 加來 正弘 氏 
会場 東京第一ホテル
時間 (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
お問合せ下関市中央倫理法人会事務局( (有)エヌ・アルファ内 )
TEL:083-253-8221  FAX:083-253-8201

30.11.29 職場の教養輪読30.11.29 誓いの言葉30.11.29 集合写真

5分間スピーチ  磯部和子氏

 

私が,万人幸福の栞の中で一番大切に思っている箇所は,「信ずれば成り,憂えれば崩れる」の節です。

仕事や家庭のことについて,信じて進んでいくこと,これが強い力となっています。また,一番感じているのは,信じてくれている人に嘘をつくことはできないということです。

これからも,淡々と前に向かって進んで行こうと思っています。

 

 

講話 福岡県普及拡大副委員長 加來正弘氏

テーマ 「日々足下の実践」

 

先日,小倉駅で階段から落ちるという事故に遭いましたが,倫理のおかげで骨折をせずに済みました。

倫理指導を受け,前妻の両親の墓参など倫理の実践を続けることにより,子供たちとの絆が強まりました。

このように,倫理の講話は,聴いただけでは身にならず,その中から二つ三つでも日々実践していくことが重要です。

会員 沼田吉彦

2018年11月22日(木)第310回MS 講師:おんが・宗像倫理法人会 伊藤 初江 氏 テーマ:あきらめたらだめだ

テーマあきらめたらだめだ
講師おんが・宗像倫理法人会 伊藤 初江 氏
会場 東京第一ホテル
時間 (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
お問合せ下関市中央倫理法人会事務局( (有)エヌ・アルファ内 )
TEL:083-253-8221  FAX:083-253-8201

30.11.22 誓いの言葉30.11.22 5分間スピーチ30.11.22 会長挨拶30.11.22 集合写真

☆5分間スピーチ 小嶺弘晃 事務長

倫理を学ぶにつれ、日々の生活の中で気付くことが増えてきました。「子は親の心を実演する名優である」

3人の子供の親として良い面を見習って貰えるように日々努力を続けていきます。

 

 

☆講話  伊藤初江 氏 (おんが・宗像倫理法人会)

タイトル: 「あきらめたらだめだ」

息子が「先天性ミオパチー」という筋力が低下する難病を抱え、病気の理解と医療体制の充実を目指して活動しています。

当時は医師も私も理解ができておらず、息子が高校生の時に筋力の低下による呼吸困難になったことで、この難病と向き合うことになりました。

もっと早く適切な治療ができていればと主治医を責め立てた時期もありましたが、そのエネルギーを「同じ病気の人を助けるために使ってほしい」と息子に言われ「先天性ミオパチーの会」を設立。

署名活動や専門医による講演会を開催し、病気への認知、理解を広く行い、また、iPS細胞や医療ロボットHALなどの最新医療へもチャレンジし、あきらめずに「先天性ミオパチー」の患者の生活向上を目指しています。