下関市中央倫理法人会のモーニングセミナー


      下関市中央倫理法人会

次回モーニングセミナーのお知らせ

2018年4月12日(木)第280回MS 講師:下関市中央倫理法人会 会員 齋藤 正樹 氏 テーマ:間違いだらけの医療

テーマ間違いだらけの医療
講師下関市中央倫理法人会 会員 齋藤 正樹 氏
会場 東京第一ホテル
時間 (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
お問合せ下関市中央倫理法人会事務局( (有)エヌ・アルファ内 )
TEL:083-253-8221  FAX:083-253-8201

集合写真

【会員スピーチ】

 

講師:医療法人社団松涛会・社会福祉法人松涛会

理事長 斎藤 正樹 氏

テーマ:間違いだらけの医療

 

今回で2度目のスピーチ、健康寿命について話をします。

動物性脂肪、塩分、糖は取りすぎないように注意して、食事の時間を長めに取り、よく噛んで食べる習慣が健康寿命を延ばす秘訣です。

笑顔、有言実行、欲はほどほどに、歩く事、血圧に注意することも、充実した人生を送るためには必要なことです。

そして、いつまでも向上心を持ち、身の回りの環境を変えることも必要であり、例えば、このモーニングセミナーに来て、新しい情報や交友を深めることも充実した人生を謳歌するために必要なビタミンです。

 

 

【会員5分間スピーチ】

金子博行会員

 

一級建築士資格取得を目指しているが、残業もあり思うように進んでいない状況の中、時間を作り図書館で勉強をしています。

ある時、一緒に二級建築士の勉強をしていた時の友人から連絡がありました。その友人は親の借金のために高校を中退し、深夜まで働きながら借金を返済するという経験をしていました。その友人が一級建築士の資格を取り、仕事面でも自分を応援してくれています。自ら努力すれば素晴らしい出会いが待っている、努力すれば運命が開かれると強く思いました。

 

 

(レポート担当:平井実)

2018年4月5日(木)第279回MS 講師:(一社)倫理研究所理事 研修部 藤﨑 正剛 氏 テーマ:何のためにー倫経考と純粋倫理ー

テーマ何のためにー倫経考と純粋倫理ー
講師(一社)倫理研究所理事 研修部 藤﨑 正剛 氏
会場 東京第一ホテル
時間 (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
お問合せ下関市中央倫理法人会事務局( (有)エヌ・アルファ内 )
TEL:083-253-8221  FAX:083-253-8201

集合写真

【講話】

講師:藤﨑 正剛 氏 (一般社団法人倫理研究所理事 研修部部長)

テーマ:何のために-倫理考と純粋倫理-

 

何のために倫理を学び、実践するのかをお話くださいました。

倫理を学ぶと素直な心を覆ったわがままを取り払い、本来の心を取り戻すことができま

す。そのために実践が大切です。無条件に実行する、理屈なしにやってみることが、実践

のポイントです。行うことにより、思いもよらぬ幸福な環境、結果が現れてきます。

倫理を学び続けると、物事の受け止め方が変わり、前向きになり、考え方が良い方向にな

ってきます。

野口雨情の言葉に「天与童心」とあります。子どもの心はすべて天から与えられている、

という意味です。いつくになっても、忘れないようにしていきたいものです。

 

【会長挨拶】

会員の皆さま、季節の変わり目、体調管理を大切にしてください。3月28日倫理経営講演

会では128名の出席をいただき、本日から喜働キャンペーンの始まり。皆さまのご協力を

幹事、日々の学びの大切さを強く感じております。

 

 

【会員スピーチ】

柄﨑明生会員

 

祖母の教えに「生業(なりわい)」というのがあり、「人が生きるための業である」と捉え

ています。

生きることは一生何かを背負っていくこと。悪いことが十あるうちの一つ良いことがあれ

ば、その一つを大変幸せと感じることの大切さ、だから良いことばかりを望まないという

祖母の教えを感じながら生きて参ります。

 

(レポート担当:磯部和子)

2018年3月29日(木)第278回MS 講師:(一社)倫理研究所 法人スーパーバイザー 峯﨑 寛 氏 テーマ:いのちのバトン・反始慎終

テーマいのちのバトン・反始慎終
講師(一社)倫理研究所 法人スーパーバイザー 峯﨑 寛 氏
会場 東京第一ホテル
時間 (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
お問合せ下関市中央倫理法人会事務局( (有)エヌ・アルファ内 )
TEL:083-253-8221  FAX:083-253-8201

会員スピーチ集合写真

【講話】

 

◆(株)坂本建築設計事務所 代表取締役

福岡県倫理法人会幹事長 坂本 靖男 氏

 

妻と一緒に、倫理法人会活動に参加しています。

以前の生活は夜遅くまで接待を続けるという、夜型生活を繰り返していました。

倫理に加入し、生活が朝型に移行したことで、仕事の効率、健康面も改善され妻も喜んでいます。

倫理に加入する前、事業が思うように進まないときは、相手を恨むこともありましたが、倫理で学び率先垂範で自らが先頭に立ち行動することにより、良い方向に進んでいます。

ある課題を法人スーパーバイザーに相談したところ、先ずは家族の力を信じるように指導され、実行に移しました。家族が団結することにより方向性が固まり、素晴らしいご縁をいただく事がきました。

 

◆(株)日装 取締役会長

法人スーパーバイザー 峯崎 寛 氏

 

振り子の原理で、相手を責めれば逆に自分がやられる時が必ず来ます。

相手の困ることをすれば、いずれ自分に返ってきます。

今の自分の体は祖先からの借り物で、命のバトンで繋がっています。

自身の家系を調べ遡ることにより、祖先に感謝し脈々と受け継がれてきた自分の力を信じるようになりました。

子供のころは父と多少の確執はあったものの、自分が父と同年齢に近づくにつれ、両親の存在があり今の自分があることに思いを馳せ、生前の父の苦労話を聞く機会があり、父を理解し許せるようになりました。

 

【会員3分間スピーチ】

 

林昌子会員

健康食品販売の仕事をしているが、売れなくて困っていた時に倫理指導を受け、早起きをして早めに1日の段取りをするように指導され、結果として表れています。

 

 

 

(レポート担当:金田博美)

2018年3月22日(木)第277回MS 講師:大濱 博行 氏(下関歴史探究倶楽部) テーマ:清末藩隠目付渡辺家の動向

テーマ清末藩隠目付渡辺家の動向
講師大濱 博行 氏(下関歴史探究倶楽部)
会場 櫻山神社
時間 (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
お問合せ下関市中央倫理法人会事務局( (有)エヌ・アルファ内 )
TEL:083-253-8221  FAX:083-253-8201

集合写真

【講話】

講師:大濱博行 氏 (下関歴史探究倶楽部)

テーマ:清末藩隠目付渡辺家の動向

 

櫻山神社さまの社務所をお借りし、出前MSを開催しました。

大濱氏が下関の清末藩に残っている、膨大な文献資料や地図を調査したり、実際に現地に足を運んだり、聞き取りをしたりして分かった、清末藩に仕える渡辺家のお役目について、とても興味深いお話をおきしました。

それは、表には明確に記載されていませんが、痕跡を辿ることにより紐解かれてきたこと。それは、渡辺家は代々清末藩のスパイ(隠目付)だったということ。 その役目の中で、軍事機密を清末藩に伝え、役目を全うするとそれに関わった渡辺家の特定の人物は、記録の中から一切、その名前が消えるということ。 幕末という激動の時代の中で、新たな日本を再建するために、表で動いた人物が脚光を浴びる中、渡辺家のように影で支えていた人の力が見えてきました。

 

【会員5分間スピーチ】

貞金 宗憲 青年委員長

 

この度、社長就任にあたり、先代の行ってきた、①従業員満足度、②顧客満足度を再度確認しました。その中で、①について労務環境を整えるなど、社員さんに対外的なやる気を出してもらえるよう、さらに力を入れていきたいと思います。 また、今年は「笑」を目標にしていますが、自身・家族・従業員の笑顔を大切にしていく中で、家族について気をつけていることがあります。それは、これまでも妻の話は目を見て聴くことを心がけてきていましたが、ただ単に聴くだけでなく、ちゃんと話のオチを汲み取り「笑う」などの反応をすることです。そうすることで、妻も喜んでくれて、お互い良い関係が築けています。

 

 

 

(レポート担当:藤本ひろみ)

2018年3月15日(木)第276回MS 講師:オーシャンズしものせき若松事務所 所長 若松 敏幸 氏 テーマ:弁護士38年私の忘れえぬ事件から

テーマ弁護士38年私の忘れえぬ事件から
講師オーシャンズしものせき若松事務所 所長 若松 敏幸 氏
会場 東京第一ホテル
時間 (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
お問合せ下関市中央倫理法人会事務局( (有)エヌ・アルファ内 )
TEL:083-253-8221  FAX:083-253-8201

【講話】

講師:オーシャンズしものせき若松事務所所長  若松 敏幸弁護士

テーマ:弁護士38年 私の忘れえぬ事件から

 

携わった事件の断片をお話になられた中で、

「生前の人徳が魂となり、他の人を通して生の言葉として明らかになる」

とのお言葉が心に響きました。この言葉を伺い、今をどう生きなければならないのかを考えさせられました。

もし弁護して頂くことが生じた場合、何が大事になるか?

それは自分自身の生き様であると気づかされました。

そして、もう一つ、事件に関わった方々に対して、継続反復的に回答してもらう効果とは、主観を客観化できることに繋がると伺い自身に置き換え考えてまました。

何か事が起き、責め心を持つ前に、その現象が起きるうる幾つかの事由を考えることにより自身の心の在り方の気づきとなる。まさに倫理の教えとの結びつきを感じました。

 

 

【会員5分間スピーチ】

川村捷也会員

 

現在80歳の川村会員が、21歳の時にイギリス人の宣教師より薦められ読んだ本が「狭き門」。

のちに、倫理と出逢い丸山先生の教えの苦難福門に繋がり、「狭き門より入れ。滅びにいたる門は大きく、その路は細く、之を見出すもの少し(~マタイ伝~)」より苦難は幸福に入る狭き門であると学び、今日まで、このことを胸に刻み歩んで来られた人生の一端をお話頂きました。

 

 

(レポート担当:二宮多美枝)

2018年3月8日(木)第275回MS 講師:(株)OFFICE PIECE DREAM 代表取締役 伊藤 丈雄 氏 テーマ:自分を輝かせる「夫婦力」のススメ

テーマ自分を輝かせる「夫婦力」のススメ
講師(株)OFFICE PIECE DREAM 代表取締役 伊藤 丈雄 氏
会場 東京第一ホテル
時間 (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
お問合せ下関市中央倫理法人会事務局( (有)エヌ・アルファ内 )
TEL:083-253-8221  FAX:083-253-8201

【講話】

講師:株式会社 OFFICE PIECE OF DREAM 代表取締役 伊藤丈雄 氏

テーマ:自分を輝かせる「夫婦力」のススメ

大学在学中、ブロードウェイ・ミュージカルと出会い、今まで引っ込み思案だった人生を180度転換。2015年クラウドファンディングでの成功をきっかけに全国ツアーをスタートし、初年度でいきなり年間60ヶ所以上の公演実績を作り上げました。  これは妻と試行錯誤し、二人三脚で歩んできた成果です。選択理論心理学(5つの基本的欲求)を学び、「私から妻へ」「妻から私へ」お互いを大切に思う事により、もし衝突があっても自然と仲直りができ、それが夫婦円満になる秘訣だと気付きました。 「夢の大切さを伝えたい、成し遂げたい夢は10年あれば実現できる」  自分が持つ可能性を信じる力を大事にし、これからも夢と感動を伝え続けていきます。

 

【会員5分間スピーチ】

酒田 公勝 顧問

20代の頃にした占いの結果、「60代を過ぎてからが人生良くなる」と教えて貰っ たが、経営危機が訪れるなど、今まで経験した事がない苦難に襲われました。そんな時、

「置かれた場所で咲きなさい。咲けない時は根を下へ下へと伸ばしましょう」の言葉に巡り合い、新しい気付きを学びました。「朝は希望の泉が湧いてきます」。6時30分には出社し、掃除、伝票整理、雑用等、できる事から始めています。「本当に良くなるのは80代から♪」と前向きに考え、まだまだ頑張っていきます。

 

(レポート担当:小嶺 弘晃)

2018年3月1日(木)第274回MS 講師:(株)トルビ 代表取締役 沖野 充和 氏 テーマ:ゲストハウスとローカルメディアの可能性

テーマゲストハウスとローカルメディアの可能性
講師(株)トルビ 代表取締役 沖野 充和 氏
会場 東京第一ホテル
時間 (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
お問合せ下関市中央倫理法人会事務局( (有)エヌ・アルファ内 )
TEL:083-253-8221  FAX:083-253-8201

集合写真

【講話】

講師:株式会社トルビ 代表取締役 沖野 充和

テーマ:ゲストハウスとローカルメディアの可能性

 

様々な出会いとご縁のおかげで東京から生まれ故郷の下関で事業を営むことになりました。下関市唐戸地区に於いてゲストハウス「UZUハウス」の運営を手掛けています。クラウドファンディングで資金の一部を調達することができたのも、事業に共感いただいた皆さんのおかげです。

私の使命は「UZUハウス」に訪れる人々に関門海峡の魅力を発信していくことです。そして地元の人が地元のことを発信する、この素晴らしい環境を整えて参ります。

 

【会員5分間スピーチ】

小嶺 弘晃 副会長

本日のモーニングセミナーの開催に於いてハプニングが重なりました。昔なら他者を責めてしまうところが、「どのように対応しよう」という思いばかりでした。

そして新たな気づきも得ることができました。学びに感謝します。

(レポート担当:上野浩二)

2018年2月22日(木)第273回MS 講師:(一社)倫理研究所 法人レクチャラー 江口 健治 氏 テーマ:夫婦愛和がすべて

テーマ夫婦愛和がすべて
講師(一社)倫理研究所 法人レクチャラー 江口 健治 氏
会場 岩国国際観光ホテル
時間 (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
お問合せ下関市中央倫理法人会事務局( (有)エヌ・アルファ内 )
TEL:083-253-8221  FAX:083-253-8201

集合写真

【講話】

江口健治氏(法人レクチャラー・福岡県南地区 地区長)

 

大学卒業後、東京で就職しましたが、昭和50年に地元に戻り家業である江口製菓に入社

しました。

その後、新商品であるミニカップゼリーの製造を始めたこともあり、売上を伸ばし新工

場を建てましたが、まもなく倒産。和議が成立した矢先、父の死により社長に就任しまし

た。その後、債権を完済し、江口製菓の直営店である「御菓子司 船小屋」を開店しまし

た。

その間、自分が頑張ることに必死で、黙って支えてくれている妻への感謝どころか、責

め心を持つこともありました。倫理には平成21年に入会し、そこでの学びにより、妻へ

感謝することができるようになりました。

倫理に出会ったことはとても幸せなことだと感じています。これからも、心の勉強をし

倫理の仲間と一緒に学んでいきたいと思います。

 

 

【会員5分間スピーチ】

香川昌則顧問

最近、事務所として借りていたビルの整理を行いました。片付けを進めて行くうちに、

これだけ沢山の物があったのかと驚くと同時に、必要のないものを処分することで、事務

所だけでなく心もスッキリしました。また、過去に読んだ懐かしい本が出てきて、読んだ

当時の初心を思い出すことができたことも、片付けをして良かったことの一つです。

 

 

 

(レポート担当:藤本ひろみ)

2018年2月15日(木)第272回MS 講師:(株)パブレ福岡支社 岡原 隆司 氏 テーマ:謙虚に積極的に

テーマ謙虚に積極的に
講師(株)パブレ福岡支社 岡原 隆司 氏
会場 東京第一ホテル
時間 (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
お問合せ下関市中央倫理法人会事務局( (有)エヌ・アルファ内 )
TEL:083-253-8221  FAX:083-253-8201

朝の挨拶集合写真

【講話】

株式会社パブレ 岡原隆司 氏

保険のお仕事をされている株式会社パブレの岡原さんが今日の講話者でした。  恩師のお言葉でもある『頼まれた事は素直に受ける』を実践しておられました。お身内の死に際し、保険の有難さを若いうちに実感され、保険の大事さを人一倍痛感したと!がん検診は時期を決めて受診するよう講話内で強く言われておりました。  保険は一生涯で家の次に高い買い物ですが、大切な家族のためにしてあげられること。健康なうちから少しずつ考えてみなければいけません。

 

 

 

【会長挨拶】 藤井 節雄会長 今日は最近には珍しく寒さが緩んでいます。寒暖の差が激しいため、くれぐれも健康の自己管理を。 先日開催された『ふく調理教室』では、当会役員のパワーを感じることができ、大盛況に終わりました。本当にお疲れ様でございました。
【会員スピーチ】 金田 博美 モーニングセミナー委員長

2月2日に行われた『会員スピーチ研修会』に出席した事をお話しされました。5分間という決められた時間の中で、話を組み立て、完結させるのは非常に難しい。 また、以前から興味がある落語の中に、表現方法のヒントが沢山あるとのことで、落語のエピソードを交えてお話されました。 スピーチの7つの心得は参考になりました。

(レポート担当:貞金宗憲)

2018年1月25日(木)第269回MS 講師:下関市中央倫理法人会 会員 井上 桂 氏 テーマ:世界の自然環境と私たちの暮らし

テーマ世界の自然環境と私たちの暮らし
講師下関市中央倫理法人会 会員 井上 桂 氏
会場
時間 (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
お問合せ下関市中央倫理法人会事務局( (有)エヌ・アルファ内 )
TEL:083-253-8221  FAX:083-253-8201

5分間スピーチ集合写真

◆会員スピーチ:井上桂(株式会社FEEL代表取締役)

テーマ:「世界の自然環境と私たちの暮らし」

 

ボルネオ島は高い樹木とオラウータンそして天狗さるが有名です。

オラウータンを例にとってみると100年間で80%の頭数が減少しました。

大きな原因としてパームオイルを採取するための森林伐採、そして伐採した森林を運び出すために作られた道路による生態系の分断と破壊があります。肥沃に見える熱帯の土地でもほんの数センチの表土が流れ落ちるだけで砂漠化し、複雑に絡み合い繁栄している生命の連鎖を断ち切ることを意味します。

また、生産効率を上げるための農薬や殺虫剤散布による河川や海洋への流出も深刻な悩みとなっています。

まずは知ること、そして関心を持って理解し生態系が壊れていることを確認すること。

はるか遠くの南の島で起きていることではなく、いずれ自分の生活にも確実に影響することを知っていただきたいです。

 

◆5分間スピーチ:平井 実 研修委員長

 

昨年、下関海峡マラソンに参加したが、出走の順番がプロ集団の次であり、日頃練習していたペースよりも随分早く走ってしまいました。

第一チェックポイントの関門トンネル人道口へはどうにかたどり着きましたが、そこでリタイヤをする結果となりました。

病院で変形膝関節症と診断され、人生で初めて膝の水を抜くという経験をしました。

新聞配達を最近始めました。下関市中央のMSには新聞配達を終えて出席します。朝早くから起きて新聞を配達することは、この時期は正直言って辛いですし、雨の降る日も新聞を濡らさずに配達するためにはずいぶん手間もかかります。でも一度自分が決めた事なので、マラソンと同じでこれからも日々、自分に適したペースを維持し新聞配達を続けていきます。

 

 

 

(レポート担当:金田博美)

2018年1月18日(木)第268回MS 講師:下関市中央倫理法人会 会員 斎藤 正樹 氏 テーマ:人生の勝負は後半にあり

テーマ人生の勝負は後半にあり
講師下関市中央倫理法人会 会員 斎藤 正樹 氏
会場 東京第一ホテル
時間 (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
お問合せ下関市中央倫理法人会事務局( (有)エヌ・アルファ内 )
TEL:083-253-8221  FAX:083-253-8201

集合写真

◆会員スピーチ:斎藤正樹氏(医療法人社団松涛会・社会福祉法人松涛会理事長 )

 

幼少期の複雑な家庭環境での生い立ちが原動力となり、現在の成功に結実した事や、他の医者が嫌がる仕事も自主的に引き受け、全てにおいて自身の仕事を極める努力をされたお話をされました。

お話の後半部分で、急に辛い幼少期を思い出されたのでしょう、声を詰まらされ、涙を拭かれる姿は感動的でした。

特に今回は、会場にいないと分からない、伝わらないものがあると強く思い、先生の成功に至るまでの経験やご苦労のお話は、私の稚拙な文章では伝わらないと痛切に感じました。

 

◆5分間スピーチ:岩田章宏 朝礼副委員長

 

次世代を担う子供たちの食の安心安全について、これまで以上に企業として取り組んでいきます。また、農作物についても自社の農園で極力自然に近い形で栽培し、安心して消費者へ届け、添加物を排除した食品を提供することにより健康面をサポートしていきます。

 

 

(レポート担当:金田博美)

2018年1月11日(木)第267回MS 講師:(一社)倫理研究所 法人スーパーバイザー 木村 雅 氏 テーマ:親孝行と倫理経営

テーマ親孝行と倫理経営
講師(一社)倫理研究所 法人スーパーバイザー 木村 雅 氏
会場 東京第一ホテル
時間 (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
お問合せ下関市中央倫理法人会事務局( (有)エヌ・アルファ内 )
TEL:083-253-8221  FAX:083-253-8201

集合写真

◆講話: 木村 雅 法人スーパーバイザー

現在の仕事を代表取締役として立ち上げ、様々な苦難がありました。そしてちょうど、経営が苦しい時に、倫理法人会と出会い、入会しました。しかし、ほとんどMSには参加しないまま、月日が流れました。その後も経営が思うように進まず、銀行との折り合いがつかないまま悩んでいたときに、同単会の会員からMSに来ませんか、と連絡がありました。

仕方なく行ったところ、会員の皆さんの歓迎ぶりに感激し、それから参加するようになりました。そのうち、倫理指導を受けることになり、その際「墓参り」と「亡くなった両親に毎日手紙を書く」ように言われ、素直に続けていたところ、父親の恩に気づき、これまで育ててくれたことに感謝できる自分になりました。

今では、両親への親孝行を会社に取り入れ、期間を決めて社員にも実践してもらっています。そうすることで、社員も、社員の両親も大切にしていけるからです。これからも、親への恩を持ち続け、感謝の気持ちで進んで行きます。

 

◆5分間スピーチ: 今井泉男 相談役

10年間、万人幸福の栞を読んでいますが、まだまだ分かっていません。内容は、一般的

な話なので、それを自分なりの考え方で自分に落とし込むことを大切にしています。

私自身、退職まであと1年半。これまで、倫理やそれ以外にも、ドラッカーの理論を勉強してきました。そのような中、倫理法人会に入っていない知り合いから、「明るくする」「俺がやる」「協力する」という言葉を聞きました。まさに、倫理の明朗・喜働・愛和だと気づき、大切にしていかないといけないことだと気づきました。

 

 

 

(レポート担当:藤本ひろみ)