下関市中央倫理法人会のモーニングセミナー


      下関市中央倫理法人会

次回モーニングセミナーのお知らせ

2017年12月21日(木) 第265回MS 講師:会員スピーチ 上野広報委員長 貞金青年委員長 沖野女性委員長

テーマ会員スピーチ 上野広報委員長 貞金青年委員長 沖野女性委員長
講師会員スピーチ 上野広報委員長 貞金青年委員長 沖野女性委員長
会場 東京第一ホテル
時間 (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
お問合せ下関市中央倫理法人会事務局( (有)エヌ・アルファ内 )
TEL:083-253-8221  FAX:083-253-8201

上野さんスピーチ小嶺さん5分スピーチ

◆会員スピーチ

・テーマ「役員・幹事就任にあたって」

 

【上野 浩二 広報委員長】

下関市中央倫理法人会が設立するときに入会し、それまで人の前で話すことはありましたが、

自分自身のことを話すのは初めてのことで、今回の機会で今までを振り返ることができました。

4人兄弟の末っ子として戸畑区で生まれ、就職を機に下関に来ました。その後、周南へ転勤し再び下関へ戻ってきましたが、

下関には仕事以外のご縁がないまま過ごしていました。そのうちSNSをきっかけに、下関の人と繋がることができ、

下関、そして関門地区が好きになりました。

仕事においてもプライベートにおいても、人から「ありがとう」と言われ周りの人の笑顔が見られることが、とても嬉しいです。

仕事は「人に伝える」仕事をしていますが、倫理法人会でも広報委員長を拝命し、人に物事を伝えることは、相手の立場に立って

言い続けることだと改めて感じました。これからも広報を通して、周りの人を笑顔にし「ありがとう」と言ってもらえるよう動いていきたいと思います。

 

【貞金 宗憲 青年委員長】

この度、青年委員長を拝命し、この委員会では富士研修が主な活動です。また、普及に関して

これまでは「誰かがやるだろう」という気持ちがありましたが、やはり仲間が増えることは嬉しいことですし、

一緒に皆と動けることが楽しく、普及に力をいれていきたいと思います。

自分自身のこととしては、今年41歳になり、30代の頃と比べて明らかに体力が落ちた気がします。

そんな中、先日、父親が体を壊し入院しました。そしてそれを機会に、これまでしたいと思っていた「親の足を洗う」ことを実行しました。

実際には洗える環境ではなかったので、マッサージをしましたが、やっと一つやりたかったことが叶ってホッとしています。

これからも、一日一日を大切に、そして今日も感謝の気持ちを忘れずに過ごしていきます。

 

【沖野 美和子 女性委員長】

大伸運輸に入社した時既に、会社ではたくさんの困難を抱えていました。この度のスピーチの機会に、万人幸福の栞をじっくり読んでみました。

そして、振り返れば、これまでの仕事と繋がることがたくさんありました。まさに、第2条「苦難は幸福の門」でした。更に第3条「運命は自らまねき~」を体験し、

第9条「約束を違えれば~」から、当時、当たり前のことを当たり前にする、ということを心がけていたことを思い出しました。そして第15条「信ずれば成り~」、

決して投げ出すことなく、 仕事を進めて来ました。最後に第13条「本を忘れず~」、今は人や物事に対して初心を忘れないことを肝に銘じています。

これからも、前を向いて自分にできることを行っていきます。

 

◆会長挨拶:藤井 節雄会長

9月に会長を拝命しましたが、それから4ヶ月、年末に向かっています。毎回モーニングセミナーで感じることは、講話で来られる先生のお話もさることながら、

同じ仲間である会員のスピーチをとても楽しみにしています。身近な方が様々な体験を通して考えたことなどを聞くのが、とても胸を打たれます。

これからもスピーチを続け、お互いの絆を深めていきましょう。

 

◆会員5分間スピーチ:小嶺 弘晃副会長

家庭で毎晩、お皿洗いをしています。始めたきっかけは、妻の「最近、子どもが言うことを聞かない」の一言でした。

自分自身、妻の話を聴いているつもりでしたが、思い起こしてみると、違うことをしながら聴い ているつもりになっている。万人幸福の栞第5条にもありますが、

父親の姿を子どもが見ているということに気づきました。そこで何か家の中で良いことをしよう、と思いお皿洗いを始めました。お手伝いを進んでするようになり、

また、妻の表情も徐々に明るくなっていきました。これからも、続けていきたいと思います。

 

(レポート担当:藤本ひろみ)

モーニングセミナーに参加する・資料請求

※モーニングセミナーは、初回体験参加は無料です。