萩市倫理法人会のモーニングセミナー


      萩市倫理法人会

次回モーニングセミナーのお知らせ

2022年7月3日(日)第187回MS 講師:(一社)倫理研究所 法人レクチャラー 株式会社名玄 代表取締役社長 平井 芳和 氏

テーマ反始慎終
講師(一社)倫理研究所 法人レクチャラー 株式会社名玄 代表取締役社長 平井 芳和 氏
会場 松陰神社 立志殿
時間令和4年7月3日午前7時より (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
この記事のURLhttps://www.rinri-yamaguchi.jp/?p=52016
お問合せ山口県倫理法人会 事務局
TEL:083-941-6535  FAX:083-941-6563

本日は、岡山県倫理法人会の会長を務め現在、岡山県倫理法人会の相談役平井芳和様を講師にお迎えしてのモーニングセミナー。テーマは「反始慎終」でした。講師の平井先生はセルフうどん発祥の店を46年間営み、その店が誕生した秘話から始まり、若かれし頃の失敗談、その結果、父親から勘当され、その父親との生々しいエピソード、そこから倫理法人会に入会され、学び自分が変化して行く中で、全ては父親との確執に問題があることに気づきを得て、父親の最期までにその確執を解くため、病院の父宛に毎日手紙を書き綴ったそうです。平井先生は手紙というのはただの手段であって、大切なのは自分の中にある思い、本質に自分自身が気付くことが最も大切なこと!おしゃられていました。 今回の講話で自分自身の根源、源には親があり、その先祖代々から子孫まで、家族を大事にすること。人はついつい枝葉のことばかり注意しがちであるが、何事につけても本が重要なのだということを平井先生の実体験をもとに教えて頂けました。

(レポート 副事務長 三輪 真司)(参加社数:30社35名 当該単会:20社21名 オンライン4名)

2022年6月26日(日)第186回MS 講師:一般社団法人倫理研修所 法人スーパーバイザー 久万田社会保険労務士事務所 代表社員 久万田 昌弘 氏

テーマ人生の主役として生きる
講師一般社団法人倫理研修所 法人スーパーバイザー 久万田社会保険労務士事務所 代表社員 久万田 昌弘 氏
会場 松陰神社 立志殿
時間令和4年6月26日午前7時より (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
この記事のURLhttps://www.rinri-yamaguchi.jp/?p=51777
お問合せ山口県倫理法人会 事務局
TEL:083-941-6535  FAX:083-941-6563

「弟にクビを宣告され、社会保険労務士を目指す」。 そんな逆境でも奥さんは一切愚痴を言わずに久万田さんをサポートし続け、久万田さんはその期待に応え1年で社会保険労務士に合格します。 弟のせいで・・・社員のせいで・・・時代が・・・ 人のせいにせず、「人生の主役として生きる」ために必要な、“器”を広げるために必要な3つのこと”を学びました。 ①怒らず②イライラせず③必要以上に心配しすぎない 普段の生活の中で意識し、実践して行きたいと思います! 久万田さん2日間に渡って有り難うございました。

(レポート:新谷 純 朝礼委員長)

(参加社数:34社37名 当該単会:30社33名 オンライン3名)

2022年6月19日(日)第185回MS 講師:萩市倫理法人会 会員 松陰神社 宮司 白上 陽一 氏

テーマ松陰先生の人間らしさ
講師萩市倫理法人会 会員 松陰神社 宮司 白上 陽一 氏
会場 松陰神社 立志殿
時間令和4年6月19日午前7時より (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
この記事のURLhttps://www.rinri-yamaguchi.jp/?p=51657
お問合せ山口県倫理法人会 事務局
TEL:083-941-6535  FAX:083-941-6563

2022年6月12日(日)第184回MS 講師:益田市倫理法人会 会長 株式会社タイピック 代表取締役社長 岡﨑 純二 氏

テーマ逆境は自分を磨く砥石
講師益田市倫理法人会 会長 株式会社タイピック 代表取締役社長 岡﨑 純二 氏
会場 松陰神社 立志殿
時間令和4年6月12日午前7時より (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
この記事のURLhttps://www.rinri-yamaguchi.jp/?p=51517
お問合せ山口県倫理法人会 事務局
TEL:083-941-6535  FAX:083-941-6563

益田市倫理法人会会長であり、(株)タイピックの代表取締役社長でもある岡崎純二氏による講話でした。「逆境は自分を磨く砥石」というタイトル通り、常務取締役が夜逃げして多額の借金を抱えた会社を立て直されたり、倒産寸前の鉄工所の再建を任されたりと、本当にどれか一つでも身に降りかかってきたら逃げ出したくなるような困難を逃げずに受け止める中、救ってくれたのが倫理との出会いだったそうです。知ると同時に行うという「知即行」の教えに触れ、私情雑念を捨て心をベースにした経営への転換を図られ、従業員の人格向上を目的とした喜働哲学経営への転換、家庭愛和、社会貢献に向かわれ「倫理17000認証企業」としての認定を受けられています。印象深かったのは鉄工所再建のエピソードでした。事業に関する知識は何もない中、後始末をきちんと行い、職場をきれいにしておくという実践によって、思いもかけない幸運や仕事に恵まれ、二度の労災事故も奇跡的な幸運によって致命的なものにならずに済んだとのこと。逆境にあっても逃げることなく受け入れ、学んだことを素直に実行することの大切さを学ばせていただきました。(レポート:國分 整 監事)

(参加社数:31社38名 当該単会:29社36名 オンライン5名)

2022年6月5日(日)第183回MS 講師:萩市倫理法人会 会員 山本文則事務所合同会社 代表社員 山本 文則 氏

テーマアホ社長とクソ社長に教えられたこと
講師萩市倫理法人会 会員 山本文則事務所合同会社 代表社員 山本 文則 氏
会場 松陰神社 立志殿
時間令和4年6月5日午前7時より (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
この記事のURLhttps://www.rinri-yamaguchi.jp/?p=51408
お問合せ山口県倫理法人会 事務局
TEL:083-941-6535  FAX:083-941-6563

「アホ社長とクソ社長に教えられたこと」 辛辣な面白いタイトルのご講話!一週間前から楽しみにしておりました。 講師の山本文則さんの酸いも辛いも苦いもしょっぱいも噛分けられた、会社員時代のご苦労話を余すところなくお話しいただきました。 まるでそのままドラマにでもなりそうなほど。 経営者の資質がいかに経営に、働く従業員に影響するのか?の現実を教えていただきました。極端なケースのようで、実は中小企業においてはもしかしたら少なからずあり得る、経営者の怠慢が招く不幸なのかもしれないと、自身の在り方や考え方も改めて、倫理をしっかり実践していくことの大切さを考えさせられた次第です。 中小企業診断士でもいらっしゃる山本さんは、名実ともに本物の経営コンサルタントでいらっしゃいます!

(レポート:今田 秀子 副先任幹事)(参加社数:32社36名 当該単会:29社33名 オンライン4名)

2022年5月29日(日)第182回MS 講師:一般社団法人 倫理研究所 法人局 教育業務部 部長 三浦 貴史 氏

テーマ実践の要訣
講師一般社団法人 倫理研究所 法人局 教育業務部 部長 三浦 貴史 氏
会場 松陰神社 立志殿
時間令和4年5月29日午前7時より (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
この記事のURLhttps://www.rinri-yamaguchi.jp/?p=51249
お問合せ山口県倫理法人会 事務局
TEL:083-941-6535  FAX:083-941-6563

28日の倫理経営講演会に引き続き、今朝のモーニングセミナーは倫理研究所の三浦貴史部長の講話でした。昨夜の興奮もさめやらぬ中のモーニングセミナー、朝礼から35名の参加があり、いつも以上の迫力ある朝礼となりました。 講話は、「実践の要訣」として、輪読した万人幸福の栞 第12条を基にお話をされ、真面目で堅そうな印象とは裏腹に、三浦部長自身とても面白く、笑いを交えながらの講話はとても聞きやすかったです。全ては万人幸福の栞に書いてあり、それを実践すれば幸せは向こうから近づいてくるという言葉に、自分自身は何ができるんだろうと自問自答していました。倫理経営講演会の準備・運営も大変で嫌になったことがあるかもしれないが、準備し運営することも全て倫理の実践であるということでした。天命を待つのでなく呼び込むために、人事をつくすことが大事だと学びました。 また、実践は言うは易し、行うは難し、しかし、できる事からコツコツと積み上げていけばいつかはゴールに辿り着くと教えていただきました。 倫理経営講演会とモーニングセミナー関わった会員の皆様、2日間本当にお疲れ様でした。私自身もこの2日間で少しでも成長したと実感できる様これからも実践を重ねて参ります。(レポート:江山 晋郎 幹事)

(参加社数:56社64名 当該単会23社25名 オンライン7社7名)

2022年5月22日(日)第181回MS 講師:宇部市倫理法人会会員 金子小児科 院長 一般社団法人キッズラップ 代表理事 金子 淳子 氏

テーマ子どもたちの健やかな育ちを地域で支える
講師宇部市倫理法人会会員 金子小児科 院長 一般社団法人キッズラップ 代表理事 金子 淳子 氏
会場 松陰神社 立志殿
時間令和4年5月22日午前7時より (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
この記事のURLhttps://www.rinri-yamaguchi.jp/?p=50994
お問合せ山口県倫理法人会 事務局
TEL:083-941-6535  FAX:083-941-6563

今日は宇部より金子さんの講話でした。いつもの『倫理を通じて』とか『倫理のお陰で…』というような講話とは違い、子供食堂の話中心で、またそのきっかけや経緯を詳しく話され、私自身、子供食堂にあまり興味は無かったのですが、良いきっかけで勉強になり、視野も広げることができました。
金子さんの子供食堂の活動を通じて様々な取組みの広がりを感じ、子供たちの笑顔の連鎖がさらに笑顔に繋がってると感じ、結果的にはこれも倫理に繋がってると思いました。
金子さん、これからもお身体に気をつけて、子供たちを笑顔にする活動を頑張ってください。

(レポート:新谷 純 MS代表委員)(参加社数:36社40名 当該単会:23社26名 オンライン:6名)

2022年5月15日(日)第180回MS 講師:神奈川県横須賀市倫理法人会 相談役 株式会社laugh 代表取締役社長 新海 唯吉 氏

テーマ道は一つ
講師神奈川県横須賀市倫理法人会 相談役 株式会社laugh 代表取締役社長 新海 唯吉 氏
会場 松陰神社 立志殿
時間令和4年5月15日午前7時より (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
この記事のURLhttps://www.rinri-yamaguchi.jp/?p=50988
お問合せ山口県倫理法人会 事務局
TEL:083-941-6535  FAX:083-941-6563

2022年5月8日(日)第179回MS 講師:山口中央倫理法人会 会長 サン・ロード株式会社 専務取締役 山下 鉄旨 氏

テーマ大切なもの
講師山口中央倫理法人会 会長 サン・ロード株式会社 専務取締役 山下 鉄旨 氏
会場 松陰神社 立志殿 
時間令和4年5月8日午前7時より (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
この記事のURLhttps://www.rinri-yamaguchi.jp/?p=50842
お問合せ山口県倫理法人会 事務局
TEL:083-941-6535  FAX:083-941-6563
本日のモーニングセミナー講師は、山口中央倫理法人会の山下鉄旨会長でした。テーマは、『大切なもの』
山下会長が、30代の時に大病をされたおり、ご自身が小学生の時に読んだ「星の王子さま」(アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ著)を読み返されたとのこと。小説の内容は、飛行機が故障してサハラ砂漠に不時着した主人公のパイロット“僕”が、一軒家よりも大きい星からきたという“王子さま”と出会いました。その王子さまが6つの星を旅して7つ目に地球に来たという話です。王子さまが7つ目の地球で出会ったキツネとの対話を通じて、仲違いをし、自分の星に置いてきた一輪のバラが自分にとって、かけがえのない存在だったと気付かされる物語でした山下会長は、この小説を通じ、「皆さんにとっての“バラ”は何ですか?」と参加者に問いかけられました。山下会長にとっての“バラ”は、①自分自身②絆③感謝の心 であるとのことです人生の目的=幸せになること であり、まずは、皆さんそれぞれの自分の “バラ”を見つけて欲しい。また、目に見えない部分を大切に心の目で見ようと努めること。周りがしてくれたことに想いをはせる→自分の理想に近づける。以上のような話で、講話を締めくくられました。大変深い学びをありがとうございました。
(モーニングセミナーレポート作成︰会員 浅田達彦)
(参加社数:33社34名 当該単会:27社28名 オンライン:4名)

2022年4月24日(日)第178回MS 講師:一般社団法人倫理研究所 名誉研究員 新原 隆一 氏

テーマ天候気候と事業の盛衰
講師一般社団法人倫理研究所 名誉研究員 新原 隆一 氏
会場 松陰神社 立志殿
時間令和4年4月24日午前7時より (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
この記事のURLhttps://www.rinri-yamaguchi.jp/?p=50577
お問合せ山口県倫理法人会 事務局
TEL:083-941-6535  FAX:083-941-6563

本日の講師は、50年ぶりに来萩された新原名誉研究員。退職されたのちも名誉研究員として、全国各地を訪問されておられます。(スゴイ!!) 講話のテーマは、「天候気候と事業の衰退」。 晴れたら良いとか、雨が降ったら残念とか考えること自体必要なく、ただありのままを受け入れればよい。どうにもならない自然現象に、気を遣い、心を砕いていると病気になってしまう。思い通りにならないことは、「順応」(素直に受け取る)、畏親(喜んで合わす)することで対処しましょう。とのことでした。  人の心とか、既に過ぎ去った事実など、人間の力でどうにもならないことは天候以外に身の回りにあふれています。今日はその全般に対する対処法を学べました。

(レポート:蔵田 進一 幹事)(参加社数:35社37名 当該単会28社30名 オンライン3名)

2022年4月17日(日)第177回MS 講師:萩市倫理法人会 幹事 株式会社コープ葬祭 代表取締役社長 藤原 由佳 氏

テーマ今日も奇跡の一日
講師萩市倫理法人会 幹事 株式会社コープ葬祭 代表取締役社長 藤原 由佳 氏
会場 松陰神社 立志殿
時間令和4年4月17日午前7時より (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
この記事のURLhttps://www.rinri-yamaguchi.jp/?p=50471
お問合せ山口県倫理法人会 事務局
TEL:083-941-6535  FAX:083-941-6563

4月17日のモーニングセミナーは株式会社コープ葬祭代表取締役社長 藤原由佳様にテーマ「今日も奇跡の一日」ご講話を頂きました。 萩市で生まれ学生時代には劇団を旗揚げされる等バイタリティーあふれる方です。幼少期はひたむきに働かれるお母様の背中を見て育ちました。今の「私の原点」です!と愛情と力強い想いお話からスタートしました。 今ではお父様から経営を託され「日本で一番笑顔にあふれた明るい葬儀屋」を目指されております。 嬉しい事も悲しい事も常に笑顔と感謝が存在します。 これが人生です! 今が当たり前では無いと言う感謝の気持ち。心の在り方を様々な視点からのお話は会場全体を笑顔と感謝で溢れていました。 私自身、忙しい日々を言い訳にワガママを優先している事に気付きました。反省です。笑顔と感謝の気持ちを忘れずに人生を楽しみます。

(レポート:豊田 浩 幹事)(参加社数:28社33名 当該単会:24社29名 オンライン2名)

2022年4月10日(日)第176回MS 講師:山口県倫理法人会 事務長 永妻社会保険労務士事務所 代表 永妻 剛英 氏

テーマ家族は根っこ 家族は翼
講師山口県倫理法人会 事務長 永妻社会保険労務士事務所 代表 永妻 剛英 氏
会場 松陰神社 立志殿
時間令和4年4月10日午前7時より (参加希望の方は事務局までお申し出ください。)
朝食朝食をご希望の方は事務局までお申し出ください。※朝食代金は別途必要です。
この記事のURLhttps://www.rinri-yamaguchi.jp/?p=50271
お問合せ山口県倫理法人会 事務局
TEL:083-941-6535  FAX:083-941-6563

○4月10日(日)第176回萩市MSは、会員スピーチを舛谷圭介さんに、講話を「家族は根っこ 家族は翼」と題して、社労士の長妻剛英さんにいただきました。 今回も、さらに深く、人生の発見や指針が見えてくる素晴らしいMSでした。 ○舛谷さんは、北九州で、草の根からの青少年寺子屋教育事業を起業され、それにリンクして米作り等の農業体験もスタートされています。 ○まず、長崎で話題の夢の4次元パーラー喫茶「アンデルセン」のオーナーの体験談から、夢・志を強烈・具体的に描いて願い、実現のため実行・前進しようとすれば、「引き寄せ」から、さらに能動的な「引き取り」の法則が働くことを紹介。 これが、私達がいつも学んでいる「万人幸福の栞」の「信成万事」であり、「夢・志を実現する不可欠の要」であることを、分かりやすく語られました。 ○長妻さんは、家族を大切にし家族と向き合うこと、これが、人生万事の土台・根っこであり、社会に羽ばたき活躍する翼。 家族から逃げ、おろそかにすることは、仕事も社会生活もすべてうまくいかなくなることを、痛切な体験から語られました。 ○高校時代、いじめを受ける中で助けてくれた妻との深き縁の出会い。県内最年少の社労士として自立、うなぎ登り好調の人生から一転して、お子さんの障がいから始まった、家庭からの逃避行、事業のオール不調・トラブル・・・ ○行き詰まる中、「万人幸福の栞」と出会い、「苦難福門」そのままに何でも貴重な気付きを与えてくれる、ありがたい・・・ 人生の発想・姿勢を180度変えられることで、禍と見えたことも福へ一転。 ○家庭内でのくつ揃え等、文句なし喜んでの100日実践、損害請求していた倒産寸前の契約相手先へは契約解消・無償援助・・・ お子さんがパパと一緒に靴を揃えるようになり、事業も信頼を得再び好調へ・・・ ○「万人幸福の栞は、(倫理道徳・宗教哲学・・・)何も知らない素人でも、一読すれば何となく、『それはそうだよな、そうして生きた方が全うだよな』と分かるようにできていて、なおかつ深く、実践すれば結果が出る・・・」 純粋倫理の素晴らしさ、正に、この一言に尽きますね。

(レポート:田中 裕一 副会長)(参加社:35社43名 当該単会:25社33名)